【ランキング1位】フィンペシア通販|超ロングセラー100錠入り

フィンペシア

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として常時ランキング1位の人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品として販売されています。この薬は新しく開発されたものでキノリンイエローフリーとなっています。

キノリンイエローとは?

着色料として使用されている添加物の1つです。フィンペシアでは錠剤のコーティング剤として使用されていました。日本では、このキノリンイエローは化粧品などに使用することは認められていますが、体内に取り入れた時の確かな安全性が確認できていないため食品の添加物として使用することは禁止されています。

今まで販売されていたフィンペシアにはキノリンイエローが添加物として含まれていたので、身体の安全面などへの心配もありましたが、今回新しく販売されたフィンペシアはキノリンイエローフリーになっているので、安心して使用して頂けます。

市販の育毛剤を見直す7つの理由


フィンペシアの効果効能

フィンペシアの効果効能

 

フィンペシアは有効成分にフィナステリドを含んでおり、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品として販売されています。そのフィンペシアの中でも、この薬は新しく開発されたものでキノリンイエローフリーとなっています。

 

フィンペシアの有効成分として含まれるフィナステリドには、AGAの進行を止め発毛効果が期待できます。

 

有効成分フィナステリドにより薄毛の進行を止め、細く切れやすくなっている毛髪が元気を取り戻し、強く太い毛髪に変化していく効果が期待できます。

 

また、フィナステリドには頭の皮脂の分泌を抑える効果もあると言われており、皮脂によって滞ってしまっていた頭の血行が促進されることで、毛髪をより活性化させる効果が期待できると言われています。


フィンペシアとプロペシアの価格比較

フィンペシアとプロペシアの比較

フィンペシアは、物質特許が切れた後に新薬プロペシアと同成分を含んで同じ製法で製造されています。

 

よって、フィンペシアは、医薬品開発時の莫大な研究費を薬の販売価格に反映させる必要が無いので安価で販売されています。

プロペシア フィンペシア
プロペシア フィンペシア
成分:フィナステリド1mg 成分:フィナステリド1mg
内容量:1箱28錠 内容量:1箱100錠
1箱(28錠):8,280円 1箱(100錠):4,180円

 


フィンペシアの用法用量

  • 通常、男性成人にはフィナステリドとして1日1回0.2mgを服用してください。必要に応じて1mg/日を上限に増減可能です。
  • 上記、1日1回0.2mgでの服用開始は日本で承認されているフィナステリドの用法であり、海外では一般的に治療初期から1回1mgの服用が推奨されています。多くの国内AGA治療クリニックでも海外の用法用量が推奨されています。
  • 1mg/日を服用する際は症状を確認しながら注意して服用してください。
  • 食事の影響を受けないので、食前、食後いつでも服用できます。
  • 飲み忘れを防ぐためには毎日決まった時間帯に服用する習慣をつけることがおススメです。

フィンペシアの通販情報

フィンペシアの通販情報

【5箱買って+ヒトプラセンタジェル1箱】
プロペシア1mgの超ロングセラー100錠入りジェネリック「フィンペシア」の新しいタイプ、キノリンイエローフリーが待望の入荷!

セット数 1箱当たり 販売価格
1箱 ¥4,180 ¥4,180
2箱 ¥2,990 ¥5,980
3箱 ¥2,660 ¥7,980
5箱 ¥2,198 ¥10,990
7箱 ¥1,854 ¥12,978
10箱 ¥1,609 ¥16,090

送料無料・無料会員登録で500円クーポン進呈


市販の育毛剤を見直す7つの理由

発毛・育毛の「ミノキシジル」は一切含まない
抜け毛抑制(AGA治療)の「フィナステリド」を一切含まない
日本皮膚学会、米国FDA(食品医薬品局)が効果を認めていない
育毛剤(医薬部外品)と、育毛薬(医薬品)は効果のレベルが異なる
育毛外来(病院での育毛治療)では市販の育毛薬は一切使わない
市販の育毛剤の方が、育毛薬より実はコスト高である
育毛薬「リアップx5(男性)」、「リアップ・リジェンヌ(女性)」の値段で、高効果の格安ジェネリック薬が買える!

 

私がフィンペシアを服用するに至った経緯

当サイトを初めてご覧頂いた皆さま、はじめまして。サイト管理者の上田欣也:通称ウエキンと申します。

 

私は今年で55歳になるバブル時代は新人社員だった中年から初老に進行しているオヤジです。

 

40歳の時に勤務先を退職して自ら起業しました。職種は不動産賃貸の仲介業です。

 

会社員の時とは違って、当然ですが暇になれば給料は出ません。起業直後から月末になると事務所の家賃や社員の給料支払いの事で眠れない日々が続きました。

 

そんな生活を数年送り、何とか倒産せずに今日まで生きてきました。

 

肝心の育毛に関する事ですが、42歳頃から徐々に頭髪が薄くなり自分では年齢を重ねるのだから仕方ないと思っていました。

 

ある日、食事中に私の背後を通った息子から「お父さん、頭が禿げてるで」と何気なく言われました。

鏡で頭皮を見た

その一言が猛烈にショックで洗面台の前で小さな手鏡で自分の頭の後ろの方を見てみると、何と!円形に禿げていました。

 

血の気が引くとよく言いますが、初めてそれを経験しました。貧血で倒れそうになりました。

 

ですが、当時は育毛にお金を掛ける余裕もなく、それから数年が経過しました。

 

頭皮も徐々に抜け落ち、誰が見ても禿のおっさん状態となっていました。

 

そんなある日、仕事で毎日ネットを使うのですが、たまたま、育毛剤のネット広告が目に入りました。

 

「飲む育毛剤」…このキャッチコピーが強烈に私の購買意欲を掻き立てました。

 

↓この動画も一緒に掲載されていました。(注意:音声が流れます)

 

 

私は、塗布する育毛剤には懐疑的だったので、これなら毛が生えるかもしれない!と「一縷の望み」「蜘蛛の糸にすがる」そんな気分で購入を決意しました。

 

ネット通販で処方箋薬が買えるとは思っていなかったので驚きました。要は、海外から個人輸入という形態で購入する訳です。

 

この取引に違法性は無いのか調べたところ、処方箋薬の海外からの購入は、個人が自分の為に使用する薬であれば厚生労働省に認められています。

 

念のため、厚生労働省のHPを見ましたが記載がありました。
医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

 

最初は、プロペシアを購入して服用を開始しました。

 

毎日1錠を服用して、1カ月が経過したころ、毛穴から発毛した短く細い毛が多く現れました。嬉しかったです。

 

それ以降も服用を継続して順調に産毛程度ですが増えてきました。

継続服用する中で問題が発生しました。それは、薬代です。個人輸入の場合、クリニックで処方してもらうのと比べると医師の診察料、処方箋料、クリニックまでの通院交通費及び時間が必要なく確かにクリニックより安く服用出来るのですが、プロペシアが結構、高価なお薬で継続服用するには、経済的負担が大きくなってきました。

既述のようにプロペシア1箱28錠が、8,280円です。もう少し安い薬は無いものかと探してみると、同じ成分だけど安価なジェネリック薬の存在を知りました。

 

私は、飛びつきました。1箱100錠入りで4,180円です。約3ヶ月使えてこの値段です。1か月あたり約1,400円です。

 

今までの6分の1まで薬代を節約出来ます。

 

私も育毛を開始して思ったのですが、コマーシャルのように簡単に毛は生えてきません。日々の努力が必要です。

 

毎日、忘れずに薬を服用して頭皮のマッサージを行って血流を良くして毛髪の成長を促します。

 

お薬代もそれなりに掛かります。しかし、何もしなければ「砂漠」になってしまいます。

 

お薬を服用していれば、最初は産毛程度ですが、徐々に黒い毛髪になってきます。

 

このサイトをご覧頂いたあなたも薄毛に悩んでいるのなら安価で継続服用出来るフィンペシアを服用してみませんか?

 

服用経験者の意見としては、副作用も無く安全です。そして徐々にではありますが、成果も上がっています。

 

フィンペシアは実際に服用した私がお薦めする「飲む育毛剤」です。

 

このページの先頭へ戻る